家庭教師の個人契約(登録無料)なら安心サポートの【家庭教師紹介KKS】

教師プロフィール

PROFILE

 
ID
1186
年齢
18歳
性別
女性
ニックネーム
あや
性別
女性
在籍(卒業)大学
京都大学
学年
1年
職業
学生
在籍(卒業)大学
京都大学
学年
1年
職業
学生
在籍(卒業)学部
経済学部
在籍(卒業)学科
 
大学受験の経験
あり
大学受験した時に通った塾名
鉄緑会
出身高校
京都府立洛北高校
高校受験の経験
なし
高校受験した時に通った塾名
 
出身中学
京都府立洛北高校附属中学校
中学受験の経験
あり
中学受験した時に通った塾名
馬渕教室
対応地域(都道府県)
京都府、大阪府、奈良県、
対応地域(東京23区)
 
対応地域(フリーワード)
京都市 相楽郡 精華町 木津市 宇治市 京田辺市 奈良市
最寄り駅
近鉄狛田駅
指導可能科目
【高校】国語(現代文)、 【高校】国語(古典)、 【高校】数学(文系)、 【高校】英語、 【高校】日本史、 【高校】政治・経済、 【中学】国語、 【中学】数学、 【中学】英語、 【中学】理科、 【中学】社会、 【小学】国語、 【小学】算数、 【小学】英語、 【小学】理科、 【小学】社会、
指導可能日時
平日の18時以降、休日の9時~12時
指導経験
家庭教師(高3受験を指導中)
希望時給
2500円〜3000円
登録日
2021年03月24日
お気に入りリスト
この機能は会員専用です(ログイン後に利用可)
自己PR
受験によって将来の選択肢を増やす、又は将来の夢を叶えることを目標にしてお
られる方は多いと思います。
私も幼い時からの憧れで、将来の選択肢が広がり自由な京都大学を志望しまし
た。
大学受験では、大手京大模試は2塾合わせて4回中3回は10位以内で、5位を2回ほど取り、A判定で安定して合格することが出来ました。これは私が地頭が良いからではありません。むしろ、中学生の時は学校で下から数えて10番以内ということが多々ありました。何故、高得点が安定して取れるようになったかと言うと、自身の理解度把握とそれに基づく勉強計画を徹底的に行ったからです。そのためには家庭教師や様々な模試を利用し、難解ではなくわかりやすい参考書を利用して勉強に取り組みました。以前は数学は天才が閃いて解くものと思い込んでいましたが、受験数学はパターンがある、型にはまった解き方があると気づき、鉄緑会で磨いた数学力には自信がつき、文系で150点満点の京大数学では過去問を先生に採点してもらって100点以上をほぼ常に取っていました。国語や日本史の勉強方法を書いていては書ききれませんし助長になるので省略しますが、受験勉強にはがむしゃらに解くのではなく方法があります。家庭教師の利点を生かし、勉強方法や習慣から指導していきます。
共に目標に向かって努力し、達成しましょう!
家庭教師としての考え方(Q&A)
何度説明しても理解できない生徒をどのように指導しますか?
どこが分からないのかをまず理解します。何度説明しても理解できない場合、そもそもどこが理解出来ていないのか、詰まっているのか本人自身がよく分からないまま何度も説明を聞いている場合が多いです。まず、一緒にどこが分からないのかを問題に対し順に確かめます。次に、その分からないところに対し再度説明をするかもしくは例題やより容易な問題で手順を確かめてから応用して理解するという方法をとります。実際の私の受験でもよく家庭教師にそう指導してもらい、理解していくことが出来ました。
集中力の持続しない生徒を指導する際にどのような工夫をしますか?
少しづつ慣らしていくことが大切だと考えています。好きなことなら集中力が持つけど、勉強は集中力が持たないという人が大半です。その原因は勉強は、勉強に慣れていないことにあります。突然勉強を始めると言って一日に何時間も勉強できる人はそう居ません。まずは休憩を挟んだりテストを入れたりしながら30分、そこから1時間と体に習慣づけていくことが大切で長続きしやすいです。家庭教師における指導では、塾と異なり生徒様に合わせて勉強計画を立てることができ融通がききます。その利点を大いに生かし勉強だけでなく、勉強習慣も身につけけていきます。
計算ミスが多い生徒にはどのような指導をしますか?
受験においてもどれほど理解しても、計算が合わなければ分かっていないと同じになる場合が多々あり、また受験においては言い訳をすることができません。計算ミスも実力のひとつと、早期に自覚することが大切です。この自覚をすると、「また計算をミスった」では、入試において済まないと理解していくことができます。それを理解すれば、テスト中に見直しをする計算ミスに気を配る意識がぐっとたかくなり、また計算ミスをしやすい場所(例えば足し算に多い、次のページへ移動する場合に多い)など傾向を掴みやすくなります。計算ミスには安易な近道はありませんが、高々計算ミスと侮らずコツコツ気を配ることが1番の対処法と考えています。
宿題をやらない生徒がいたらどうしますか?
宿題をやらないには色々な原因があります。宿題の難易度が高すぎるや多すぎる、集中力がもたない、勉強時間が足りていないなどです。集中力や勉強時間が足りない場合は、勉強をするということ自体に慣れていない場合が多いので、まず勉強習慣をつけていくことを第一にします。勉強もスポーツと同じで直ぐに何時間も勉強できる訳ではありません。まずは30分ずつ勉強して休憩をするところから始め、何時間も勉強できるように体や脳を慣らしていきます。生徒様それぞれの原因に合わせて、勉強方針を決めていきます。
なかなか成績が上がらない生徒にはどのように工夫しますか?
まずどの部分が点数を取れていないのか生徒様と共に確認します。成績表は生徒様のカルテであり、生徒様自身も自分のことを理解し、勉強計画に役立てていく大きなチャンスです。成績表で点数が低い分野と得意分野共に確認した後、なぜその部分の点数が取れていないのか模索します。点数が低い分野を苦手分野と安易に決めつけ、勉強を避けたり逆にがむしゃらに勉強するだけでは成績が上がりにくいだけでなく、勉強自体の効率が落ち勉強の意識損失にも繋がります。原因・理由を共に模索し、自己理解を高めつつ生徒様自身に合わせて対策することに家庭教師の強みがあり、目標への近道があると考えます。
自分がこれまで勉強をしてきてよかったと思うことは何ですか?
勉強は成績ひいては学歴につながり、日本は学歴社会である一面が強く、学歴が将来社会生活を送る上で大きく役立つことは周知の事実です。しかし、それだけではありません。まず、自身の知識がゆたかになります。例えば私は日本史を勉強しているので、日本における現在に繋がる政治の根底、大学などの歴史などを数多く知っているためそれらを見聞きする際理解度が全く異なります。前提知識を活用することで様々なことを多数の側面から理解することができます。逆に、世界史をあまりしならいために、世界情勢を理解する際、宗教や民族関係、前世紀での因縁などを知らず理解に苦労します。情報社会と言われる現在だからこそ、知識は人に強く味方し、思考を広く発言を豊かにます。また、周囲のレベルも高いため怠けずに学習を行うことができ、また自信の知らない知識を周囲が豊富に持つためさらに自信を高めることができます。ふとした会話で、様々な見方をもつ友人に感心し、知識を垣間見せ面白い会話を繰り広げてくれる先輩に感動します。勉強をしていて良かったと思うことは勉強がだいぶ進んでからです。しかし、そう思う瞬間は必ずあります。
あなたはどのように苦手科目を克服してきましたか?
苦手科目はそもそも勉強時間が少ないことが多いです。ある科目が少し点数が低い→その科目の勉強を避ける→大幅に点数が低くなっていく→余計勉強するのが嫌になる…という悪循環に私もハマっていました。苦手科目の勉強時間を考えてみると、無自覚に勉強時間が少なくなっているのです。そのため、客観的な目で見ることが出来る家庭教師の指導でその科目にかける時間を増やし、また課題を多めに出すことでこれまでの不足を補い、さらには得意教科、安定した教科にしていくことが可能です。
生徒との信頼関係を築く上で、最も大切なことは何だと思いますか?
何よりも会話だと考えています。1人で生徒様のことを考えていても、何も知ることが出来ず得ることもほぼないと言って構わないでしょう。会話をもとにコミュニケーションをとることで、興味や関心、好き嫌いや性格を把握でき、本人に合わせた指導を行うことができます。これが1体1で行う家庭教師の醍醐味と考えています。
家庭教師をする上で、気を付けていることは何ですか?
何よりコミュニケーションに重きを置きます。塾とは異なり、家庭教師では生徒様個人に合わせて勉強進度や計画をだけでなく、参考書や勉強スタイルを変更していくことができます。その融通が効くという利点を活かさない手はありません。生徒様の勉強理解度や速度だけでなく、理解の仕方や興味の持ち方、暗記法などに合わせた参考書選びや指導方法を行います。
実際に受験した学校名と合否を教えてください。
京都大学経済学部のみを受験し合格しました

この家庭教師に依頼申請する

家庭教師のお申し込みには会員登録が必要です