家庭教師の個人契約(登録無料)なら安心サポートの【家庭教師紹介KKS】

教師プロフィール

PROFILE

 
ID
1003
年齢
19歳
性別
女性
ニックネーム
せん
性別
女性
在籍(卒業)大学
東京大学
学年
2年
職業
学生
在籍(卒業)大学
東京大学
学年
2年
職業
学生
在籍(卒業)学部
教育学部
在籍(卒業)学科
 
大学受験の経験
あり
大学受験した時に通った塾名
河合塾
出身高校
桜蔭高校
高校受験の経験
なし
高校受験した時に通った塾名
 
出身中学
桜蔭中学校
中学受験の経験
あり
中学受験した時に通った塾名
 
対応地域(都道府県)
東京都、神奈川県、
対応地域(東京23区)
大田区、品川区、杉並区、世田谷区、目黒区、
対応地域(フリーワード)
 
最寄り駅
東急田園都市線・大井町線 二子玉川駅
指導可能科目
【高校】国語(現代文)、 【高校】国語(古典)、 【高校】数学(文系)、 【高校】英語、 【高校】世界史、 【高校】地理、 【中学】国語、 【中学】数学、 【中学】英語、 【中学】社会、 【小学】国語、 【小学】算数、 【小学】英語、 【小学】社会、
指導可能日時
平日夕方~夜、土日終日 
指導経験
個別指導塾講師(1年半ほど)
希望時給
2500円〜3000円
登録日
2020年10月23日
お気に入りリスト
この機能は会員専用です(ログイン後に利用可)
自己PR
中学受験でも大学受験でも苦手だった数学を、根気よく教えてくださった先生のおかげで克服することができました。わからないところはとことん悩んで一緒に解決する、ひとりひとりに合った指導方針を必ず見つけます。
家庭教師としての考え方(Q&A)
何度説明しても理解できない生徒をどのように指導しますか?
教え方を何通りも用意します。言葉でわからないならば数字を使ったり実際に体を動かしてみたりします。
「正負の数」が分からない中学生がいます。あなたはどのように教えますか?
気温など身近なところに存在する数字を使って解説します。私は中学一年生の時にマイナス×マイナスがプラスになる理論がどうしてもわからなくて数学に初手でつまずきましたが、それは教科書の形式ばった書き方がわかりにくかっただけで身近な例をあげてもらえばすぐに理解できたので、日常にあった例を挙げることを意識します。
集中力の持続しない生徒を指導する際にどのような工夫をしますか?
一方的にこちらから話すのではなく、発問形式を取り入れ適宜発言をしてもらいます。また、逆に先生になったつもりで学んだことを説明してもらうことで、話すと聞くをうまく使い分けて集中力を持続させます。
また、明らかに集中力を失っているときは、無理に授業を進めることはせず、一度気分転換を図ります。他の科目をやってもいいですし、勉強には関係ない雑談などを交えてもいいと思います。わたしの知っている学問に関する豆知識なども要望があればいくらでもお話しします。メリハリをつけることでだらだらとした集中ではなく、やる時に一気にやることを目指します。
計算ミスが多い生徒にはどのような指導をしますか?
まずはゆっくりと問題を解くこと、すぐに見直しをするのではなく少し時間を空けてから見直しすることを勧めます。また、毎日計算問題を解いてもらうことで正確性を少しずつ養います。
宿題をやらない生徒がいたらどうしますか?
なぜやらなかったのか、もしくはやることができない理由があったのかを聞きます。自分の都合でやらなかったのであれば詳しく理由を聞き、量が多いから・わからない問題があったからなどすぐに解決できるものはその場で解決します。そもそもやる気がないなどの場合は、無理に宿題を課さず、授業内で問題を解いてもらったり誰かに教えるつもりで問いを説明してもらったりと、発問形式の授業を行います。
なかなか成績が上がらない生徒にはどのように工夫しますか?
なぜ上がらないのかの原因をまず考えます。勉強をしていないだけであれば合った学習計画をたて、それを確実に実行してもらいます。勉強しているのに成績が上がらないのであれば、勉強の仕方を根本から見直します。
あなたの好きな言葉・座右の銘は何ですか?
千里の道も一歩から
受験生時代、毎日勉強ばかりしていて本当に嫌になって漫画を読んでしまったりだらけてしまったりすることもありましたが、絶対に毎日少しだけは勉強しようと思えた言葉です。
あなたの趣味・特技は何ですか?
弓道を趣味でやっています。最近は、誰かの書いた書評を読むことが好きです。
自分がこれまで勉強をしてきてよかったと思うことは何ですか?
ただ単に知識を身につけることだけでなく、これから学ぶ沢山のことの土台となる思考を得られることです。土台がしっかりとしていれば将来、直近でいえば大学になってから自分の学ぶ範囲を広げることができます。賢い人はそれなりに視野が広いです。また、自分と同じレベルの賢い人たちと関わっていくなかで、自分の意見をはっきりと持つことができるようになりました。
あなたはどのように苦手科目を克服してきましたか?
わからないと思ったらすぐに聞くことです。わからないところをほったらかしにしておくとどんどん疑問点が溜まり、手をつけることすら嫌になってしまいます。わたしも高校時代、数学がとても苦手で、塾の毎授業後に先生のところに質問に行って、長いときは3時間以上付き合ってもらったこともありました。それに根気強く対応してくれた先生のおかげで本番ではいい点数を取れました。
生徒との信頼関係を築く上で、最も大切なことは何だと思いますか?
否定をしないこと、自分の当たり前を他人の当たり前だと思わないこと、です。生徒にここがわからない、その説明ではわからない、などと言われた時に、なんでそんなのもわからないんだと高圧的な態度を取ったり、自分で考えてなどと突き放したりすることは絶対にしません。わかるまで一緒に考える、だからなんでも聞いてね、という姿勢を徹底します。
いつもと生徒の様子が違うと感じた時どうしますか?
いつもと様子が違うけれど何かあった?と聞きますが、話したくなければ話す必要はないという前置きをします。
実際に受験した学校名と合否を教えてください。
中学:桜蔭中学校(合格)、浦和明の星(合格)
大学:東京大学文科三類(合格)、早稲田大学文化構想学部(合格)

この家庭教師に依頼申請する

家庭教師のお申し込みには会員登録が必要です