家庭教師の個人契約(登録無料)なら安心サポートの【家庭教師紹介KKS】

教師プロフィール

PROFILE

 
ID
364
年齢
22歳
性別
男性
ニックネーム
コウ
性別
男性
在籍(卒業)大学
東京大学
学年
1年
職業
学生
在籍(卒業)大学
東京大学
学年
1年
職業
学生
在籍(卒業)学部
文科一類
在籍(卒業)学科
 
大学受験の経験
あり
大学受験した時に通った塾名
鉄緑会、東進
出身高校
私立洛星高校
高校受験の経験
なし
高校受験した時に通った塾名
 
出身中学
私立洛星中学
中学受験の経験
あり
中学受験した時に通った塾名
エム・アクセス
対応地域(都道府県)
東京都、
対応地域(東京23区)
品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区、
対応地域(フリーワード)
武蔵野市、三鷹市
最寄り駅
京王井の頭線 東松原駅
指導可能科目
【高校】国語(現代文)、 【高校】国語(古典)、 【高校】数学(文系)、 【高校】英語、 【高校】世界史、 【高校】日本史、 【中学】国語、 【中学】数学、 【中学】英語、 【小学】国語、 【小学】算数、 【小学】英語、 【小学】理科、 【小学】社会、
指導可能日時
月、火、水、金→19:30~
木→16:00~
土、日、祝→終日
指導経験
 
希望時給
2500円〜3000円
登録日
2019年05月03日
お気に入りリスト
この機能は会員専用です(ログイン後に利用可)
自己PR
私は物事を新しく知り、考えることが大好きです。
勿論受験指導も行いますが、受験を目前に控えていない方にも、「ゴール」に囚われない勉強の楽しさ、知ることの楽しさを伝えたいです。
また、私自身が苦手科目に関して、周囲の人々の意見や情報ソースを元に自身で試行錯誤を行った結果得意科目にし、また大学で専攻しようと思うほどに好きになった経緯があります。
高校時代にも多くの友人の相談に乗り、自分自身を実験台にもしながら成績を上げてきたので、経験値はそれなりのものを持っていると自負しています。
高校時代には競技科学(各種オリンピック)に取り組み、「科学の甲子園」全国大会にも出場した経験もありますので、いわゆる理系科目に特に強い思い入れがあります。
「問題を教える」ことだけでなく、学習方法や生活の相談も大歓迎ですし、相手のことをきちんと知らずして適切な指導は行えないと考えます。学校の話等もぜひ!!
一緒に楽しい学びを体感したいです!よろしくお願い致しします。
家庭教師としての考え方(Q&A)
何度説明しても理解できない生徒をどのように指導しますか?
1.「どうして理解できないのか」、「どこが理解できていないのか」を明らかにする。本人の意見と、講師による観察結果のすり合わせは不可欠。
2.1を元に、「どうすれば理解できるか」を考える。この際、各人の理解の方法や性格などを考慮しつつ、一緒に考える。
3.一度理解したら、それが「自分のもの」になるまで復習と演習を繰り返してもらう。
「正負の数」が分からない中学生がいます。あなたはどのように教えますか?
中学数学においては、数直線を用いて解説することがベストかと考えます。
「0を原点として、そこからの距離が等しい点は2つあるよね」と教えます。
集中力の持続しない生徒を指導する際にどのような工夫をしますか?
皆が「長時間集中する」ことに向いているとは限りません。短時間の集中で爆発的に進捗を産めるのならば、「持続」を強いるのは害にさえなり得ると感じます。
しかし、ただ集中力が散漫なだけであれば問題です。ここでも一方的な決めつけはするべきでないと思いますが、なるべく「面白いな」と感じて自ら引き込まれてくれるような話ができたらと思います。
好きなことに関しては、自ずと集中する方が多いでしょうし、好奇心を刺激できると良いですね。
計算ミスが多い生徒にはどのような指導をしますか?
私も計算ミスが非常に多かったので、この課題とは長い付き合いになります。
対策を取る時間的猶予があるのであれば、「よくあるミス」をリストアップして、演習時に常に意識しておくのは有効かと思いますし、1問を解く中で、一つの作業が終わるごとにチェックを入れる習慣をつけておくと、解法の確認にもつながります。
ただ、特に大学入試の場合、これらの方法であまり効果がなかったり、別の方向に良くない影響が出てしまう場合は、諦めてしまうのもアリかもしれません。
記述式の数学試験を課す大学入試において、「答えを合わせる」ことよりは、「解答の過程」の方が重視されがちですので、計算が違うだけならかなり点数をくれることが多いです。
どうしても減らないのであれば、ミスを減らす努力を、一問でも多く解く実力をつける方に傾けた方がコスパは良いかもしれませんし、往々にして楽しく勉強できます。
宿題をやらない生徒がいたらどうしますか?
前提として、その宿題が本人によって適切な物であるかどうかの検証は必須と考えます。
しかし、「必要である」と思われる宿題を行わない場合は、まず「どういう理由で行わないのか」を理解する必要があります。
その上で、その宿題の必要性を説いて納得させたり、宿題がより魅力的なものになるよう、内容を再考するなどの手段をとります。
ただ、中には「宿題」そのものに不向きな方もいると思うので、授業中に内容をモノにできる方法を考えてみるのも一つの手かもしれません。
勉強において大切なのは、「宿題をやること」自体ではなく「学習内容を身につける」ことです。
決して強いられてやることではないと思いますし、自らの意欲無くしては何も身につきません。
各々に合った方法で習得すれば良いかと思います。
なかなか成績が上がらない生徒にはどのように工夫しますか?
「彼を知り、己を知れば百戦殆うからず」という言葉があります。
事情や理由は人それぞれですし、その部分を、本人と講師がともに理解することが不可欠であると考えます。
課題が明確になれば、目的は8割方クリアできたと思って良いでしょう。
あとはそれに基づいた計画を立てて実行し、そこで新たな課題が見つかれば、それに合わせた計画を作ることを繰り返すだけです。
最も重要なのは、個人の特性に合わせて計画を立てることです。絶対的で普遍的な正解は存在せず、各々の「正解」を見つければ良いのです。
また、当然ですが、やるのは自分です。自ら考えて実行してこそ成績は伸びますし、講師はその手伝いをするものだと考えています。
あなたの好きな言葉・座右の銘は何ですか?
(1)これを知る者は、これを好む者に如かず。これを好む者は、これを楽しむ者に如かず。
(2)学びて思はざれば則ち罔し、思ひて学ばざれば則ち殆し。
あなたの趣味・特技は何ですか?
趣味:読書、テニス、芸術鑑賞、料理、数学
特技:人の多い観光地で、隠れたスポットを見つけること。縄跳び。
あなたが一番大切にしているもの(こと)は何ですか?
人や物事との出会いに感謝しながら、毎日を愉快に生きること。
自分がこれまで勉強をしてきてよかったと思うことは何ですか?
新たな知に触れて自分の世界が広がることを楽しみ、人生のモチベーションにできていること。
物事を多角的に考えられるようになったこと。
あなたはどのように苦手科目を克服してきましたか?
まず、「自分がどこをわかっていないのか」を先生や友人に相談しつつ明確にしました。
そして、上記のことに基づき、自分なりの学習習慣を作りました。
その後は演習を積むために、インターネットの情報や友人の評判を元に書店に足を運んで、良いと感じた教材を購入して量をこなしました。
生徒との信頼関係を築く上で、最も大切なことは何だと思いますか?
目の前の一人一人と真摯に向き合い、理解しようと努めること。
その中で、肩書きやデータはもちろん、いわゆる「勉強」のことだけでなく、一人の人間としての生徒を知ろうとすることは大変重要だと感じています。
まずは話をしっかり聞いて、コミュニケーションが取りやすい環境づくりから始めていきたいです。
家庭教師をする上で、気を付けていることは何ですか?
一人一人に合った指導をすること。
何かを学び、習得することの楽しさや、学問の奥深さを感じてもらうこと。
いつもと生徒の様子が違うと感じた時どうしますか?
生徒の方の性格にもよりますが、まずは話を聞きたいですね。
(もちろん前提として、話がしやすい環境づくりには努めます)
そして、その時々の状態に応じた接し方を考えていきます。
どちらかというと、指導というよりコミュニケーションの問題ですが、きちんとした意思疎通あってこその指導だと考えています。
実際に受験した学校名と合否を教えてください。
私立洛星中学      合格

早稲田大学法学部    合格
早稲田大学政治経済学部 合格
東京大学文科一類    合格

この家庭教師に依頼申請する

家庭教師のお申し込みには会員登録が必要です